感じたことを素直に書きたいな。 今日のことだったり、昔のことだったり、、、
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
非常識ですが、、、
朝のエンタメで、地井武男さんのお別れの会の様子を放映してました。

地井さんと言えば、『北の国から』。

生前親交のあった方々がお話になっていて、
「北の国から」の関係者が誰か出るかな~?と思って見てました。

岩城晃一さんの次に、田中邦衛さんが写って、

その傍らには吉岡君がぁ~~~

田中邦衛さんを支えるように左後ろにそっと立っていました。

邦衛さんが話している間、吉岡君の顔はどんどん赤くなり、
こみあげてきているんだろうな、、と感じました。
吉岡君も地井さんにはたくさんの思いがあることでしょう。

そんな悲しい場面で、私は久々の吉岡君の姿を見て安堵し、
嬉しく思ってしまいました。
だって、、、ホントに久しぶりなんですもの。
素直に嬉しい気持ちが先に出てました。

地井さん、ごめんなさい。。。ですよね。


スポンサーサイト
はやぶさ&猫弁

後れ馳せながら、この二冊を購入しました。

最近は読書からめっきり遠退いていましたが、帯欲しさに『ポチッ』

映像化されてから読むのが私流なので、『はやぶさ~』から読むことにします。

『はやぶさ~』は案外良かったので、もう一回劇場で見ようと思っています。
折角の前売り券、使わなきゃ(^^;
大仏開眼 CD
とても気に入った♪と言っていた、大仏開眼のサントラですが、
既にCDが発売されてたんですね???σ(^_^;)アセアセ...


見つけて慌てて速攻で購入です(*^m^*) ムフッ


CDジャケットはもちろん、大仏様・・・

そりゃぁもう、でかいのなんのって、、、(笑)



で、肝心の曲のほうですけどね、私が好きだ??って言ってたタイトルは「大仏開眼」。



まんま・・・です、はい。



こんな曲あったっけ・・・?ってのがいくつもありました。
聴いているようで聴いてないんですね?。
吉岡真備に見入ってしまうので、仕方ないことですが。

折角なので、ちゃんとCD聴いて、本編と合わせて楽しみたいと思ってます。
大仏開眼、、、その後。
はぁ、、終わっちゃいましたね。
今年のイベントが(笑)

それにしても、「大仏開眼」の「吉岡真備」には惚れました(。・・。)ポッ

前編のクライマックス、藤原仲麻呂に迫るシーンも見ごたえありましたが、
後編はもっと見どころ満載だったように感じます。

その一つが、二度目の遣唐使として唐から帰ってきて、仲麻呂に会いに行き
自分は約束を守ったから、今度は仲麻呂の番だ・・・と語るシーン。

言葉の高揚もなく、表情も無表情、淡々と語っているけれど、
そこに真備の強さを感じました。静かなる迫力というのかな、、、

いやぁ?、このシーンかっこよかったです。
そして、髪型とお髭。。。強さと相まって、雰囲気が作られていました。

他の感想はおいおいにまたお話するとして、
最後はたくさん端折っているようで、ちょっと物足りなかったですね。
前後編だけで終わらせるのはもったいないと思いました。
連続ドラマになってもおかしくないような。

それは、単に吉岡真備を見たいという気持からではなく、
もっと吉備真備のことを知りたい、大きな戦をしなくて済んだ政治が
どのようなものであったのか知りたい、、、そんな気持ちです。

あと、ずっと気になっているというか、残っているのが
このドラマで使われた、千住明さんの曲です。

メインで使われた曲が、ずっと頭の中でかかってます。
このドラマにぴったりだったなぁ。
作品の良しあしって、音楽も重要だと思うんです。
重厚でいて、リズムを刻んでいるところが重苦しすぎず、、、、
サントラが出ればいいのにな??と思います。

私の中では、絶賛なんですけど・・・。
どうですか?? って誰に聞いてるんだか(笑)

そうそう、会見でのインタビューの動画、NHKさんったら
撤収するの、早すぎますっ!!しばらく残しておいて欲しかったな?。

・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

いざっ・・・カウントダウン大仏開眼へ
3月24日(水)雨の降りしきる中、あぁやぱり雨女だ・・・
と思いつつ、奈良まで行ってきました。しかも日帰り(笑)

今回、すごい偶然がいくつも重なったおかげで
夢のようなひと時を過ごすことができました。

座席は前から6列目、お友達のおかげです♪

この日の服装は、ダークグレーの細いストライプのスーツで、
白のシャツに黒のショートブーツ。
いつものごとく、シンプルにカッコよく着こなしていました。
髪型は変わっていませんでしたが、柔らかいブラウンで素敵な色だったなぁ??♪

舞台中央から、ゆるい弧を描いて左右に机と椅子がセッティングされていて、
吉岡君がほぼ中央で司会進行役の方が一番左。
椅子はちょっと高めで、吉岡君は浅く腰かけ右ひざを折り曲げ、左ひざを伸ばした状態で
司会の方へ向いていました。
私は舞台を正面より右側に座っていたので、斜め45度位から
吉岡君を見ていたことになります。

そんなんどうでもいいって??(笑)
それがそうでもないんですよ?、この位置がめっちゃ足長に見えたし
時折、スーツの上着を掃って左手でズボンのベルトを直すしぐさが、
めっちゃカッコ良かったんですから??(〃∇〃) てれっ☆

続きを読む »
プロフィール

芽衣

Author:芽衣
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。